Motown21トップ人を育てる・活かす > 人材育成制度と補助金
   「人を育てる・活かす」 - 人材育成制度と補助金

   今回は、地球環境を考える車種に対しての補助金制度をご紹介します。

■ 平成18年度アイドリングストップ自動車購入補助金

財団法人省エネルギーセンターは、前年度に引き続き、アイドリングストップ自動車補助金の募集を、平成18年4月1日から開始しました。

本補助金は、平成15年度より開始した資源エネルギー庁の補助事業です。
環境意識の高まりや、省エネルギー法の改正により、自動車の省エネルギーへの関心が一段と高まっていることから、さらなる利用者の増加や補助対象車両の増加が見込まれます。


こんなときに 制度 対象者 補助金額
個人、または法人で車の購入を考えているとき アイドリングストップ
自動車購入補助金
個人・法人(登記済)・自治体 対象車輌により異なるが、購入するアイドリングストップ自動車とそのベース車両の価格差との1/2以内

対象車輌はコチラ



  アイドリングストップとは

アイドリングストップとは、車両停止時にエンジンの作動を停止することを言います。

エンジンを再始動するときには燃料消費量が一瞬多くなりますが、この消費量とアイドリングストップ時に削減される消費量と同じになる時間は、一般におおよそ5秒です。したがって、5秒以上の停止が見込まれる時には、アイドリングストップを行うと効果があります。(ガソリン車2,000ccの場合)

例えば、1日に10分間のアイドリングをすると約140ccのガソリンが無駄に消費されます。 これを二酸化炭素排出量に換算するとおよそ330gになります。(NレンジでエアコンOFFの場合) 言い換えれば、1日に10分間のアイドリングストップを実行するとCO2およそ330gが抑制でき、地球温暖化を食い止めることにつながり、なおかつ1年間では約51リットルのガソリンの節約となり、ガソリン価格が130円/とすると6,630円のお得になります。(ガソリン車2,000ccの場合)

このような、ちょっとした私たちの取り組みが、地球温暖化防止につながります

問い合わせ先:財団法人省エネルギーセンター スマートライフ推進本部 アイドリングストップ支援プロジェクト室